投稿者: admin

電気自動車・electriccarはゼロエミッション?

電気自動車・electriccarに真実を追求しましょう。実際に電気自動車・electriccarは、CO2排出量低減にどの程度貢献することができているのでしょうか。

しっかり貢献することができ、はじめて、電気自動車・electriccarは大きな存在意味を持つことになるのではないでしょうか。

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう

CO2排出量低減にどの程度貢献しているのか

ハイブリッド(プリウス)と電気自動車・electriccar(現行日産リーフ)をちょっと比較してみましょう。

プリウスはガソリンですが、電気自動車・electriccarは、電気なので、単純に燃費に対しての比較はすることができませんが、 プリウスのケースでは、走行段階でCO2発生量に対して、ガソリン製造時のCO2発生量をプラスしたものがトータル的発生量となります。

電気自動車・electriccarは日本では、日本の発電方法別のCO2排出量をもとにして計算する必要があります。

30~40%程度削減

ただし、おおざっぱに計算をすれば、CO2排出量をどの程度削減出来るのかといえば、電気自動車・electriccarは、 30~40%程度削減することができるメリットがあります。

CO2排出量に対しての削減貢献度は、プリウスが100なら、電気自動車・electriccarは、60~70程度です。

<h2>電気自動車・electriccarの課題</h2>

電気自動車・electriccarに対して言えば、まだまだ、短い航続距離とか、高い価格、またいまだ不足傾向の充電インフラ……といった問題点を露呈することができますが、 それでも電気自動車・electriccarは、CO2削減効果が期待出来るというのも事実です。

中国やインドの場合

ただし、世界的に見れば、CO2排出量がもっとも多い石炭発電が主力の中国やインドにおいてもっと考えていかなければならないことがあるでしょう。

それでもそれぞれの国が、電気自動車・electriccarと向き合っているのは、 深刻な大気汚染対策が関与しているからです。

また、自動車・electriccarに対しての熱い意識が、自国の自動車産業の育成につなげることができるという思いもあるでしょう。

とにかく、自動車・electriccarと向き合うモチベーションが、自動車産業の最先端を行っているという意識です。

今後、電気自動車・electriccarをどうとらえればいいか

私達は、電気自動車・electriccarをどうとらえればいいのでしょうか。電気自動車・electriccarにシフトされることに対して、懸念材料は存在していないのでしょうか。

例えば、休日になると発生してしまう急速充電器の充電待ちの問題は、果たしてどう解決されていくのでしょう。電力確保も大きな課題です。

Leave a Comment

通学の運転免許ではなく合宿免許かも

合宿免許がどのようなものかまだわからないという方々も多くいらっしゃるのではないでしょうか。できるだけ短期で運転免許証取得したいというのなら、やっぱり方法は、間違いなく合宿免許です。

免許を取るならやっぱり合宿免許で

合宿免許とは

合宿免許とは、短期で自動車運転免許を取得することができる方法です。合宿免許では、
自動車教習所の用意した宿舎に滞在し、運転免許の教習を行います。

合宿免許では、入校から卒業までスケジュールがしっかりあらかじめ決められているから、短期で効率のいい運転免許証取得をすることができます。

教習が、日々続くという方が、実際に身に付き方も、通学の運転免許証取得よりも全然いいでしょう。

合宿免許なら、最短ですが、普通車ATは14日間、普通車MTは16日間程度で運転免許証取得が可能です。

通学の運転免許証取得で、ダラダラというのでは非常にもったいないですよね。

ただし、合宿免許は、多少期間を要する方法なので、仕事をしている人たちなどはなかなか難しいかもしれないですよね。やっぱり、合宿免許がおすすめなのは、 夏休み・冬休み・春休みを取ることができる学生さんでしょう。

旅行感覚で合宿免許

そして合宿免許は、旅行感覚で運転免許証取得出来てしまう唯一の方法です。まさに、合宿免許って、一石二鳥の方法です。

費用は、技能補習・検定料金、往復交通費・宿泊食事代等も含まれているところも多くあり、お金の問題も心配なく運転免許証取得と向きあうことができます。

また、合宿免許では、住民票のある都道府県の試験場で学科試験合格後に免許取得ということになります。

合宿免許にはこんな魅力が一杯

やっぱり、合宿免許には、通学の運転免許証取得にはない魅力が一杯つまっています。合宿免許は、女の子でも安心して運転免許証取得することができます。

もちろん合宿免許では、細心の注意を払い、セキュリティーシステムも万全でいます。女性専用校・女性専用宿舎・生脈認証セキュリティ……、段々と女性の方々の運転免許証取得率が高くなって来ているので当然の結果と言えば当然です。

女性一人でも気楽に合宿で運転免許証取得という時代になったのです。

とにかく楽しい合宿免許

運転免許証取得と言えば、通学の場合、悲痛な顔して向きあっている人たちもいますが、合宿免許はそうではありません。みなさん楽しいと思いながら、いつの間にか運転免許証取得出来てしまっているのです。

合宿免許では、グループでお申し込みも可能なので、友だちとわいわいがやがややっているうちにいつの間にか運転免許証取得が完了してしまっているのです。

一人で運転免許証取得と向きあえば、いろいろ新しい友だちとの出会いも期待することができます。

とにかく合宿免許に行ったからには、オフタイムも有効的に活用していただきたいですね。観光したり、教習所あたりをレンタルサイクルで探索……、それぞれの人たちが楽しみ方を模索してください。

Leave a Comment

自動運転・autonomouscarの運転免許証

自動運転・autonomouscarの世界が実現したとき、運転免許証はどうなってしまうのでしょうか。そんなこともそろそろ考える人たちもいらっしゃることでしょう。

もちろん、私達にとってとても大事なことです。

運転免許の取得なら

自動運転・autonomouscarの運転免許証

自動車の自動運転・autonomouscarは、人たちがハンドルを握らないでも、 AI(人工知能)が自動車を目的地まで移動させてくれる手段です。

俄然、自動車の自動運転・autonomouscarに期待している人たちは多いことでしょう。

1~4までのレベル設定

自動車の自動運転・autonomouscarには、1~4までのレベル設定があり、レベル2の自動車は、既に日本にも登場して来ています。

自動車の自動運転・autonomouscar レベル0は、 「アクセル(加速)・ハンドル(操舵)・ブレーキ(制動)」の全部を人間が操作を行います。

自動車の自動運転・autonomouscarレベル1は、 アクセル・ハンドル・ブレーキのどれかをシステムが自動で行ってくれます。

自動車の自動運転・autonomouscar レベル2の段階では、 複数の操作をシステムで自動的にしてくれます。

そして自動車の自動運転・autonomouscarレベル3が実現することができれば、 アクセル・ハンドル・ブレーキ」の全ての操作を自動運転・autonomouscarがしてくれます。

しかし、 システム障害が起きる可能性はあり、そのようなときのため、 運転免許証を持っているドライバーが必要ということになります。

運転免許証はさよなら?

また自動運転・autonomouscarレベル4が実現することができれば、全部のアクセル・ハンドル・ブレーキを自動運転・autonomouscarが行うことができ、ドライバー要らず、運転免許証もさよならということになるのでしょうか。

自動運転・autonomouscarレベル4が、我々の目指している完全自動運転の完成です。

自動運転・autonomouscarの未来

ドイツのアウディ社は来年、世界はじめてとなるレベル3の量産車を市場に投入、そろそろ自動運転・autonomouscarが具体化されるのではないかという期待感が満々漂っています。

アメリカのフォード社は2021年を目途にレベル4の量産を目指すということも伝えられ、自動車の自動運転・autonomouscarの実現は、目と鼻の先です。

でも、実際にレベル4の自動車の自動運転・autonomouscarが実現すれば、運転免許証はどうなってしまうのでしょうか。

2017年3月、カリフォルニア州車両管理局が自動運転車に対しての世界ではじめての規制案を公表したということですが。その答えはここにあるのかも。

Leave a Comment

合宿免許は出会うことができない?

いま女性たちも合宿免許の自動車学校と向きあう率は非常に高くなって来ています。女性の人たちが、安心して合宿免許の自動車学校を利用するため、しっかりセキュリティーについても考慮する必要があります。

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう

建屋は同じでも男女別にフロアが分かれている

合宿免許の自動車学校では、簡単にナンパすることができるということではなく、建屋は同じであっても、男女別にフロアが分かれていたりします。

いろいろ合宿免許の自動車学校でも女性たちのために配慮していることがあります。

建屋は同じ、でも男女別にフロアが分かれているというだけでも、セキュリティーは成り立ち、女の子は安心という気持ちになることができるでしょう。

しかし、男女別にフロアが分かれているだけでは不安という気持ちがない訳ではありません。

そのような時には、建屋が女性と男性で完全に分かれている合宿免許の自動車学校もあるので、そのようなところを探してみるといいでしょう。

厳しいペナルティーがある?

しかし合宿免許の自動車学校は、出会いのハードルが低いというものの、男性が女性のフロアに入ってきたら、厳しいペナルティーが待っているかもしれませんので注意をしましょう。

合宿免許の自動車学校では、安易なモチベーションであれば、最悪退学の事態はあるかもしれません。

そして、合宿免許の自動車学校で、ペナルティーを受けて退学の事態になってしまったとしても、合宿免許の費用は返金されることはありませんので、呉々も注意しましょう。

実際に、こんなリスクを、合宿免許で起こそうと思っている男性は、ほとんどゼロに等しいでしょう。だから、合宿免許の自動車学校は安全セキュリティーということができます。

合宿免許の自動車学校でナンパすることができるけど

実際に合宿免許の自動車学校では、ナンパは気軽にすることができる場所だと思います。宿泊施設のセキュリティは万全なので、女の子たちは安心して宿泊することができますが、教習所、また飲食店や観光スポットは別です。

気軽に話しかけられる場所はいくつも見つけることができるでしょう。

合宿免許の自動車学校、それは、通学教習所と比較して、非常に楽しい場所であることは誰も否定はしていません。気楽なモチベーションが存在しているから、ナンパのハードルも低いと感じてしまうでしょう。

ただしやっぱり合宿免許の自動車学校は、運転免許証取得する場所だということもお忘れなく。

Leave a Comment