イチオシ合宿免許

合宿での運転免許取得は、非常にスピーディーに免許取得できるはずです。しかし、合宿免許には卒業検定もありますし、そのようなものに合格出来ないことには、どんどん日にちもかかってしまうことになります。

もちろん合宿免許の方々は、卒業検定が甘いということも全然ありませんし。

合宿免許と言ったらムーチョ

合宿免許卒業検定の流れ

合宿免許の卒業検定が終了したら、説明会があった場所に再び待機して合格の発表をひたすら待ちます。

実際に合宿免許の卒業検定は、そんなに甘いことはありませんよ。がんがん落とされる人たちも目撃します。

あなたがその一人にならないように頑張っていただきたいですね。
やっぱり努力のひとことでしょう。

自信満々という方々でも落ちたという方々は当然います。

一体その自信とはなんだったのでしょうか。

やっぱり努力しなかったからそういうことになってしまうのでしょう。

再度受検の前は補修教習を1時限以上は受講しなければならない

合宿免許の卒業検定で不合格になってしまえば、あきらめる以外何もありません。次には絶対に合格するまでです。

でも、他の友だちが全員合格していたりして、非常に劣等感を感じる瞬間なのかもしれないですよね。

検定に落ちるのは、検定中止行為に該当する運転アクションがあった場合、また減点超過により、あなたの持ち点が合格の基準点を下回ってしまったケースにおいてです。

しかし、合宿免許で卒業検定不合格の人たちは、すぐにまた受け直すということは出来ないのです。再度受検の前は、補修教習を1時限以上受講しなければならないという決まりがあります。

ただし、それほど強制が厳しいということではなく、1時限以上ということは、少なくとも「1時限」の補修教習程度ということです。

ここでもう一度、しっかり何が不合格だったのか反省しましょう。でないと、また不合格ということは実際にあることです。

また、合宿免許は、非常にリーズナブル料金だと言いますが、補修教習の費用は通常の技能教習と同じく料金が発生することになります。

こんなことばかり繰り返していると、合宿免許が全然リーズナブルでないということも出てきてしまうかもしれないですよね。合宿免許は、全然、スピーディーでも、リーズナブルでもないかもしれません。それは、あなたの努力次第ということになります。

ただし、合宿での運転免許取得において、 敢えて保険のために、「安心プラン」など入っておこくと安心ですよね。

つまり、検定で不合格にならなければ、なんの関係もないのが補修教習なのです。