イチオシ合宿免許

合宿での運転免許取得での講義が全部終了したら、いよいよここで、本試験を受けることになります。

合宿での運転免許取得において、仮免試験と実技の卒業検定までを行うことになります。合宿免許を卒業して、学科試験を受けることで、運転免許取得することができます。

また、本免の学科試験は、合宿免許の場所ではなく、 運転免許センターにおいて行います。

住民票のある地域の運転免許センターで試験を受けます。

合宿免許と言ったらムーチョ

卒業検定とは

合宿での運転免許取得では、全ての教習を終えて、いよいよ卒業検定ということになります。

また合宿での運転免許取得の卒業検定は、 技能教習(運転試験)だけ行います。

つまり、ここで言う筆記、学科は、合宿での運転免許取得ではなく、地元の免許センターです。ですから合宿での運転免許取得へ行った人たちは、合宿免許を卒業して即運転出来るということではありません。

とにかく長かった合宿免許も終了し、いよいよ運転免許センターで学科試験です。

運転免許学科試験の流れ

運転免許学科試験で用意しなければならないものです。卒業証明書と仮免許証をお持ちください。そして、あなた自身では、証明写真2枚と住民票、印鑑、筆記用具、現金を用意する必要があります。

筆記試験までいろいろ手続きしなければならないことがあるので、時間に余裕を持っていらっしゃるようにしてくださいね。

運転免許学科試験の内容ですが。仮免許と同じ方法でマークシートです。90問、「○」と「×」を答える問題、イラストの危険予測問題5問、計95問です。

イラストの危険予測問題は1問に対して3つの問題があり、全部正解して2点です。

90点の○×の問題と危険予測の10点で、 100点満点中90点以上を取れば合格となり、晴れて運転免許取得することができます。

難易度はそれほど高いとは言うことができないかもしれませんが、舐めてかかると絶対に落ちると思いますよ。やっぱり運転免許証はそれほど甘くはありません。

迷った問題に時間をかけてしまうと、最後まで到達出来ないので、とりあえず後にして先に進んで出来る問題から回答していくという方法がいいでしょう。

筆記試験にはやっぱり勉強が必要です。勉強していない人たちは、想像しているよりも難しいと感じるでしょう。

運転免許学科試験に受かるためのコツは何かと言えば、何度も何度テキストを繰り返すことです。そして、何を間違えているのか自分自身でしっかり理解することです。

やっぱり、数をこなすとことが運転免許学科試験に受かるための必勝パターンです。