イチオシ合宿免許

合宿免許での卒業検定では一体何をしなければならないか不安も一杯という感じではないでしょうか。

合宿での運転免許取得において、卒業検定は、技能教習です。

また、学科試験は地元の免許センターで受けるカタチです。

本当に、合宿免許において一番緊張するシーンです。あらかじめ何をしなければならないか理解することで、マイペースにことを進めることができるのではないでしょうか。

合宿免許はムーチョで取ろう

合宿免許の卒業検定の流れ

まず、合宿免許の卒業検定がスタートする前には、 指導員から卒業検定の流れ、また気をつけることなどの説明が行われます。

合宿での運転免許取得の方々だけでなく、通学の免許取得の方々も一緒にというケースもあるようです。

卒業検定は、路上での検定が終了して一度、教習所に戻って所内のコースを回るという流れです。

再び教習所に戻って安心……ということではなく、みなさんが一番苦手!としている「縦列駐車」「バックしてからの方向転換」がありますので、やっぱりどうしても緊張の連続!です。でも、誰もが通らなければならない試練です。頑張っていきましょう。

卒業検定も、 仮免許試験でも、後ろには人を乗せて走行します。また、あなたも別の人たちが試験をしているクルマに同乗することになります。

卒業検定で何を注意しなければならない?

私達は、合宿免許の卒業検定においてどのようなことを注意しなければならないのでしょうか。もちろん路上での試験は、教習所の中のコースとは違って、一般の方のクルマや歩行者、バイク・自転車、また緊急車両なども通行しています。

そして、工事現時にも遭遇し、やっぱりドキドキ……かもしれません。運というものもあるかもしれないですよね。変なトラブルに巻き込まれてドギマギしているようでは合格は出来ないでしょう。

卒業検定では、追い越し、煽り、幅寄せ……このような事態に対応しなければならないのです。

雨天であったり、飛び出して横断してくる歩行者がいても卒業検定はそれに対応しなければなりません。

救急車が来たらどうすればよかったのでしょうか。

かと言って何事もなく、スムーズに合格という人たちもいらっしゃるようですが。

また、あなたは、しっかり法定速度を守っているでしょうか。これも当然のことですが、道路によって速度が違います。少しでも緊張しないために、どのコースが選ばれるかわからないですが、それぞれの道の速度程度マスターしておくといいかもしれないですよね。

運転中なかなか法定速度の表示を見つけるのも大変です。